出版物、書籍のご案内
ご注文はTEL・FAXで (044−272−8263)
「こどもの生活とつながる食育・小学校編」
家教連編 日本標準 2625円 →出版社のページへリンク
「くらべてわかる食品図鑑」

全6巻 絵=田村孝
@お菓子と飲み物 A肉と乳製品 B米とこく類
C魚と海そう D野菜とくだもの E調味料と調理
定価1800円(税別) セット価10800円(税別)

本書の特色
似ているけど、ちがいのよく分からない食品を比較します。
対比のなかに、製法や材料・栄養・歴史などの知識を満載。
食品に対する興味と、消費者としての選択力を育てます。
コラム欄でより広く、深い食品知識を学べます。
本物そっくりのカラーイラストで図鑑的楽しさを演出。

A12判(20cm×21cm)・上製カバー装・フルカラー・各40ページ
「家庭科の実習ガイドブック」

実習ガイドブック もくじ
・学校教育でものをつくることの大切さ
第1章 料理する食生活の現状と未来に向けて
・米
 ・ビーカーでご飯を炊く
 ・炊き込み御飯
 ・かしわもち
・小麦粉
 ・ほうとう
 ・小麦粉のたんぱく質
 ・簡単パンを作ろう
・いも
 ・じゃがいものポタージュ
 ・スイートポテト
・野菜
 ・青菜のごま和え
 ・きんぴらごぼう
・豆
 ・豆腐作り
 ・大豆からできるもの
・卵
 ・かきたま汁
・魚
 ・いわしのかば焼き
 ・田づくり
 ・はまぐりのうしお汁
・肉
 ・豚肉のしょうが焼き
 ・フライパン焼き鳥
・沖縄の料理
 ・ゴーヤ―チャンプルー
 ・イナムドゥチ(猪もどき)
第2章 編む、織る、縫う
編む、フェルト化、織る、縫うことについて
・編む
 ・ゆび編みで作るアクリルたわし
 ・リリアン編みで、帽子をつくる
・フェルト
 ・もこもこボール
 ・マフラーを作る
 ・帽子を作る
・織る
 ・平織りマフラー
・縫う
 ・だぶだぶズボン
 ・正方形の布からシャツ
 ・フリースの帽子
 ・メッセージキルト
・素材を大切に
 ・古布でつくる刺し子の花びん敷き
 ・世界の刺し子
 ・裂き布で織るコースター
 ・メモリアルバック
 ・ヨーヨーキルト
 ・ワイシャツをリフォームする
 ・ジーンズをリフォームする
第3章 染める染めることについて
・草木染め
 ・藍の生葉染め
 ・たまねぎの皮で染める
・絞り染め
 ・紅型風型染めでコースター
・日本染色マップ
第4章 しらべる
・表現する生活を見つめてみよう
・洗う
 ・汚れが落ちるわけ
 ・家にある洗剤チェック
・布の実験
 ・布を燃やしてしらべる
 ・しわや弾力をしらべる
 ・洗濯してしらべる
・住環境
 ・学校ウオッチング(小学校)
 ・学校ウオッチング(中学校)
・表現する
 ・フリースのパクパク人形
 ・牛乳パックのくるくる絵本
「こどもの生活を真ん中においた総合学習」
2003年8月発行・2000円+税   
総合的な学習の時間について、家庭科からアプローチ!
今、家庭科が楽しい!(「月刊家庭科研究」別冊)
芽ばえ社 1800円(定価・税込)<2001年8月発行>

 月刊家庭科研究の別冊パート3として1年がかりの編集作業を経て、発行されました。 「今、家庭科が楽しい」というタイトルどおり、子どもも教師も楽しく学べる肩の張らない 実践集に仕上がりました。実践は19本載っており、今回はじめて障害児学校の 実践を二本載せました。どの実践も、学校種別の枠を越えて、授業作りのヒントが得られるのでは ないか思います。

  T 障害児教育
   1 「フレンドシップキルト」みんなの心がひとつになって
   2 四季折々の衣食「住」
  U 小学校
   1 ソーセージ作りで加工食品を学ぶ
   2 野菜の即席漬けとごまあえ
   3 地元名産・小松菜の栽培から調理へ
   4 「大豆博士になろう」
   5 世界へ窓を開こう
   6 着てきた歴史を考え体をおおう物を作る
   7 「ごみの問題」から暮らし方を考える
   8 被爆の語り部を招いて「家族と平和」の学習 
  V 中学校
   1 人間の成長・発達を考える学習
   2 食生活を見直す魚の学習
   3 生活の中の洗剤を考える
   4 保育実習で絵本の読み聞かせ
   5 調理実習で生徒と共に学ぶ
  W 高校
   1 自分の人生を創造する学習
   2 生徒の興味・関心から作る食生活の新聞 
   3 ワイシャツのリフォーム/エプロン作り
   4 男子校でのゼロからの出発
いきいき高校家庭科の授業(「月刊家庭科研究」別冊)
芽ばえ社 2000円(定価・税込)<1997年8月発行>

教科書どおりに教えると、生徒たちがピンとこない、退屈してしまう、もっと子ど もたちが主体的に学ぶことできる家庭科ができないだろうか、そんな悩みの中から この本が生まれました。これまで「月刊家庭科研究」にのった高校の実践を中心に、授業のねらいや授業の展 開・授業をしての生徒の様子などを、ていねいに書いた家庭科の実践集です。 実践は全部で13本収録されています。

  T 家庭科学習の導入として
       1 日本の家族・家庭がかかえる問題
       2 青年期の愛と性「男女がともに生きる」
  U 現状を直視させた授業
       1 食生活のしくみと問題点を探る『食生活構造図』
       2 自ら学ぶ健康と食べ物
       3 男女で学ぶ愛と性「自分を愛おしむ心を育む」
       4 住環境に感心をもち、住要求をもとう
  V ジェンダーフリーの視点から
       1 ジェンダーアイデンティティーを探って
  W 工業高校の実践
       1 衣生活を考える
       2 工業科の男子生徒とともに  家庭経済
  X 進路とかかわれせた実践
       1 生活にかかるお金と労働時間
  Y 領域の枠を越えた実践
       1 生活と環境  缶飲料を考える
       2 加工食品依存型の社会からの脱出
  F 教具を工夫した実践
       1 リズミカルな授業づくりのために  家族 
家庭科が子どもに歓迎されるとき
新学習指導要領Q&A(「月刊家庭科研究」別冊)
小学校・中学校は2002年から、また高校では2003年から新学習指導要領にもとづく授業がはじまります。 いったいどのように内容が変わるのか、どういった問題点があるのか、「月刊家庭科研究」に何号かに分けて掲載されたものをまとめました。 巻頭には、1998年の家教連33回研究集会での和光大学の梅原利夫先生の講演「家庭科が子どもに歓迎されるとき」がのっています。

 学習指導要領Q&Aの具体的な内容は、
 新学習指導要領Q&A●小学校 
    Q1 題材を決める視点は?    Q6 生の肉は扱えない?
    Q2 「そうする」理由は不必要? Q7 間食は扱えない?
    Q3 生活に根ざした学習とは?  Q8 選択学習の扱いは?
    Q4 着方学習の実践は?     Q9 環境問題の学習は?
    Q5 食品をどう学ばせる?    Q10 主体的な授業づくりとは?
 新学習指導要領Q&A●中学校
    Q1 学習内容は減ったのか?   Q6 住居学習の組み立ては?
    Q2 三年の授業の組み立ては?Q7 興味を持つ保育学習とは?
    Q3 選択履修の扱いは?     Q8 家庭経済がなくなったが?
    Q4 食事学習の組みたては?   Q9 家族学習の組みたては?
    Q5 被服学習の視点は?     Q10 よい授業に必要な条件は?
 新学習指導要領Q&A●高校
    Q1 10分の5実験・実習とは? Q6 連盟加入は不可欠?
    Q2 四単位を維持するには?   Q7 衣食の学習は縮小?
    Q3 三科目、どれを選ぶ?    Q8 愛や性の学習はできないの?
    Q4 授業でボランティア活動?  Q9 子どもの保育の強調は?
    Q5 「深入りしない」とは?
 新学習指導要領Q&A●自主編成
    Q  自主編成とは?
ブックレットのご紹介
家教連ブックレットNO1
くらしの文化史−家庭科教育おぼえ書―
             (家教連初代会長)矢島せい子著
 故矢島せい子先生が月刊家庭科研究の1986年5月号から翌年9月号まで「教師の勉強室」に連載したもので、専門の民俗学を家庭科研究に反映したものです。古代から明治までのくらしの文化をまとめたものです。 
 衣・食・家族・教育など写真・図など多く含み教材としても利用できます。
 (700円 A5判112ページ)

家教連ブックレットNO2
子どもの権利条約   
  (少年少女センター)岩橋能二・(日本福祉大学)増山均著
 学校・地域・家庭で子どもの権利条約実現をめざして、私たちの戦いの武器にしていこうということでつくられたものです。私たちに「子どもの権利条約」の とらえかた、精神について大きな示唆をあたえ、子どもたちにとっての「最善の利益」を実現し保障するにはどうしたらいいかを教えてくれます。また、関係資 料が添付されています。
(550円 A5判64ページ)

家教連ブックレットNO3
現代の家族法    
茨城女子短期大学(椎名規子)
 新民法制定から半世紀を経て当時予想もできなかったような変化が起こっています。家族・家庭を教材に扱うのに現行民法(家族法)の日常生活への適用や、憲法に照らしての矛盾などの学習に適しています。関係資料が添付されています。 
(500円A5判55ページ)
ジェンダー・エクイティをひらく家庭科
かもがわ出版 2400円(定価・税込)<2000年9月発行>
斎藤弘子・鶴田敦子・朴木佳緒留・丸岡玲子・望月一枝・
和田典子

家教連の研究や教育運動に長く関わってきた現場の教師や研究者たち6人が共同で 執筆した本です。家庭科教育をジェンダーの視点から読み解き、ジェンダーを固定 する教育からジェンダーをなくす教育への方向性を明らかにした画期的な本です。

 第1章 ジェンダーの個人史
 第2章 ジェンダーと家庭科の深い関係−家庭科の歴史的誤解
 第3章 ジェンダー・エクィティに関する学習内容
 第4章 ジェンダー・エクィティに取り組む家庭科教員の新たな課題
 第5章 ジェンダーの視点から見た家庭科の授業(現場の実践から)
    1、子どもの現状と生活課題から  小学校の実践より   丸岡玲子
    2、性の平等に取り組んで   中・高生の実践より    望月一枝
    3、日本の家族・家庭の問題に取り組んで   高校1年生の実践より
                                斎藤弘子
 
教科を基礎にした米<食と農>からはじめる総合的学習
−消費者の視点から−
かもがわ出版 2,095円+税<2000年9月発行>
鶴田敦子・高木 直・福留美奈子・金綱敦子

食生活を語るとき、「農業と米」は、はずすことのできない重要なテーマだ。 しかし、授業の中で実際に触れられる時間は少ない。 本書では、家庭科を中心に、今まで蓄積されてきた実践を総合的な学習の 時間とリンクさせて読みやすく紹介している。

 T 「米」(食と農)をテーマにする学習はなぜ重要か
 U 米からはじめる総合的学習−消費者学習として
    一、六年間を見通して育てる「育・食・遊」
    二、感激!米ができた
      ・「作った米はおいしいよ」
      ・家庭科で「米作り」十年
    三、農家の人はすごいね!
      ・農家の人に手紙を書いた
      ・無農薬合鴨米を食べた
      ・都市の中の水田 
    四、討論しよう!
      ・食糧自給を学ぶ
      ・ディベートで生徒が燃えた
      ・トックッから日本の米、地球の裏側を考える
    五、一粒の米から地球環境まで
    六、未来の教師が米の教材研究に取り組む
 V 家庭科教育の可能性