家教連家庭科研究

2018年2月号 342号
*ホット・コーナー
 山形の郷土料理「ウルイとニシンの煮もの」  石垣和恵

●特集のとびら 現代の子どもたちと衣領域学習
 <座談会>現代の子どもたちと衣領域学習
 <資料>衣領域アンケート集計結果
 高校実践
 実習を通して生徒が見えてくる、生徒が変わる授業  若月温美
 ファストファッションから労働問題および環境を考える授業とワーク
  安田美和・斎藤美保子

●実践
 〈小〉「うめじまお弁当コンクール」のゆくえ
  -開かれた学校づくり協議会との連携・家庭科の学習を実生活に生かす
   宮鍋和子・村山由芽
 〈中・高〉自立した大人として生きていく力をつける
  -中高一貫の女子校での家庭科のとりくみ  森坂創子
 寄稿 学童保育から家庭科教育を考える  松本歩子

●第52回家教連夏季研究集会報告
 〈テーマ別分科会@〉食の安全と「自由で公正な経済圏」とは?
  -自由貿易は私たちの生活に何をもたれしたか  菊池敏郎
 〈テーマ別分科会A〉若者の労働実態とその問題点、対処法について学ぶ
   村上晃
 〈テーマ別分科会B〉平塚らいてう生誕130年、平和と女性の尊厳を考える
   米田佐代子
 〈テーマ別分科会C〉健康でエコな石けん生活
  -洗剤やその他の生活用品について考える  長谷川治
 〈テーマ別分科会D〉家庭科で何をどう教えるか  知識明子
 高校分科会アンケート報告

●連載
 *退職者〜こんなことしてます
  疑問を追いかけて-玄米食で健康を  宝蔵もと子
 *教育情報
  文部科学省組織改編で「男女共同参画学習課」が消える?  知識明子

●読者のひろば
 *実践交流のひろば 1日のスタートは朝食から
  -小学校・食分野の授業計画  永迫彩花