家教連とは?
家教連の活動・組織
 家庭科研究教育者連盟(家教連)は、国民の生活の現実に立って、その矛盾を のりこえ、実践の方向を明らかにすることを目指して、1966年に発足した、 民間の研究団体です。

 家庭科教育に興味を持っている多くの人たち、小・中・高・障・大学の教員や研究者に 役立つ特集や情報、授業実践を「家教連 家庭科研究」を通して、年7回お届けしています。

家教連の研究活動は、夏には夏季研究集会(2泊3日) 冬は合宿研究会、春・秋には公開研究会を行っています。

 会員は全国におり、現在約1000人。また、地方を含めて30人前後の理事がいます。  毎月1回開かれる理事会にて各組織の活動報告や、今後の活動計画を検討します。

 組織については、事務局の他、3つの部会があります。

研究部−小学校、中学校、高校、障害児と、校種ごとに研究をしています。 指導要領の検討、校種別の研究課題の検討、研究集会の運営を任されています。
組織部−会員を増やすため、全国の会員に呼びかけをしています。会報も作っています。
編集部−「家教連 家庭科研究」の編集をしています。原稿依頼、校正などを行っています。

 理事会は、教員と講師、退職した教員で運営されています。 学校の忙しい時間をぬって活動しています。

 以下に、家教連綱領<活動をすすめるための目標>を載せます。
家庭科教育研究者連盟綱領
 わたしたちは、国民生活の現実に立脚し、その矛盾を克服するための理論をうち立て、実践の方向を明ら かにすることを目ざして、家庭科教育研究を進めます。
 わたしたちは、子ども、親、教師全ての働く人々と連帯して、生活や教育を守るたたかいに 参加しながら、家庭科教育研究をすすめます。